Gather | TOP

HOW TO

日本の就職活動【準備編】まとめ

 

 

こんにちは、GATHER!のGENです。

今回は「日本の就職活動」を説明します!

 

一般的に就職活動を省略して「就活」といい、就職活動をしている学生を「就活生」と呼びます。

 

日本での就活といっても、何から手をつけていいのかわからない。

何を用意したらいいのかわからない。
これだ!っていう就活の方法がなかなか見つからない。

1.自己分析って何?

2.就活ノートってどうやって作るの?
3.OB訪問って何?

4.インターンシップって何?

 

わからないことがわからない!

日本の就職活動の基本を見てみましょう!

 

 

2017年卒より就活スケジュール内における経団連加盟企業の選考開始時期が、 当初予定されていた8月スタートから2カ月早くなり、6月スタートに変更となりました。

そのため、会社説明会が3~4月に集中することが予想されることや、エントリーシートや履歴書の締め切りが3月になる企業が増える可能性があります。事前準備をしっかりしておきましょう!

 

1.自己分析について

 

就活は自己分析が大事。とはいうものの、どう進めていいかわからず困っていませんか?

自己分析とは自分の「大切にしている価値観」を知るということです。

それと同時に企業があなたに何を求めているのか?を知る必要があります。

企業が何を求めているか

 

1位「人柄(93%が重視)」

「学生がどんな人なのか?」→自分は〜な人間です。(自分はどういう人間か、何が得意かを説明する)

 

2位「企業への熱意(78%が重視)」

「なぜその企業に入りたいのか?」→自分は〜なことにやりがいを感じる(自分のやりたいことを説明する)

 

3位「今後の可能性(72%)」

「どんな風に会社で活躍してくれそうか?」→だから、御社で〜にチャレンジしたい(会社でチャレンジしたいことを説明する)

 

参考サイト

【就活】自己分析のやり方はこれで完璧!自己分析を完成するステップ5つ

http://kenjasyukatsu.com/archives/993

 

 

2.就職活動活動をしている人たちの8割が作っている就活ノート

 

就活は、精神的な負担、労力、時間、さらには交通費などの金銭的コストもかかります。やみくもに企業数だけアプローチするのを避け、効率よく就活を成功させることが重要です。

 

なぜ就活ノートを何故作らなければならないか?

就活ノートを作る目的は以下の2点が挙げられます。

 

1. 説明会やセミナー、面接などで得た情報をストックするため
2. 得られた情報を元に自分の思考を整理するため

 

ノートの内容

 

企業分析
① 企業名
② 業界
③ 事業内容
④ 代表者
⑤ 歴史
⑥ 経営理念・社訓
⑦ 労働条件(基本給、年間休暇など)
⑧ 本社所在地
⑨ 支店・営業所所在地
⑩ 連絡先

 

就活スケジュール
① インターンシップ日程・内容
② 会社説明会・企業セミナーの日程
③ エントリーシートの提出期限
④ Webテストなどの筆記試験の日程
⑤ 面接試験の日程
⑥ 正式内定予定日

 

就活記録
① インターンシップ
・内容
・発言記録、提出書類記録と反応
・担当者氏名
② 会社説明会・企業セミナー
・内容
・質問内容、回答、反応
③ エントリーシート
・記載内容
・結果と反省
④ 筆記試験
・内容
・結果と反省
⑤ 面接試験
・形式
・面接のレベル(1次、3次など)
・質問内容
・回答と反応
・結果と反省

 

参考サイト

8割が実践!就活ノートの作り方と書き方4つのポイントとテンプレ

https://www.jaic-college.jp/useful/shinsotsu/6374/

失敗しない就活ノートの作り方【基礎編】

http://shukatsusoken.com/column/preparation/shukatsu_note/

 

3.OB訪問

 

「OB・OG訪問」とは、興味のある業界や企業で働いている先輩を訪ね、実際の仕事内容や社内の雰囲気などを知り、「業界、企業研究」を行うことです。

就活生の約4割がOB訪問をしていると言われています。

OB訪問のピークの時期は、3月~4月になると考えられます。なので、それよりも前にOB訪問を始めるとライバルと差がつけられ、OBとのスケジュール調整もしやすいです。

 

OB訪問のメリット

 

・生きた情報を得ることができる

・企業研究が深まる

・本音の情報を聞き出せる

 

自分の働き方について、さらに具体的なイメージを持つことができ、就活で大きく差をつけることができます。自分が何を知りたいのかという目的をしっかりと持って、お話を聞くことが重要です。

 

参考サイト

OB訪問のやり方はこれで完璧!依頼の手順・訪問マナー・お礼まで徹底解説

http://kenjasyukatsu.com/ob-houmon

 

4.インターンシップについて

 

 

インターンシップは「働くとはどういうことなのか?」「そもそもビジネスとはどう成り立っているのか」をリアルに体感でき、学生のうちにいろいろな企業で「お試し」 で働ける貴重な機会です。プラスになる知識・経験がきっと得られるでしょう。ぜひ体験してみてください。

 

インターンシップの時期

夏:6月~9月

冬:10月~2月

 

参考サイト

【インターンの探し方を解説!】企業の選び方12選

http://www.co-media.jp/article/17452

 

◇見落としがち!就活にかかる費用◇

 

 

就活にかかった費用について尋ねると、総額で平均15万4066円となり、項目別に見ると、最も多いのが「交通費」です。

 

リクルートスーツ39、526円

交通費83,900円

宿泊費14,536円

備品代9,403円

有料講座受講費6,701円

その他経費6,317円

 

就活中に困らないために、事前準備の段階で、費用面についても考えておくことが大切ですね。

 

参考サイト

https://job.career-tasu.jp/2017/guide/trend/column02.html

 

 

 最後まで読んでくれてありがとう!

これ読んでもわからなかったら、
まずは登録して、お問合せしてみて下さいね♪

登録へススム>>

わかるまで説明します。

ただし!

日本語で!!!

from GEN

 

GATHERからの有益な情報を
受け取りませんか?

ユーザー登録へ